ダイプラス(染色補助剤)

mc-0331-01

ダイプラス(染色補助剤)は、擦れ直し・染色補正などに使う新しいタイプの薬品です。

 

pdfダイプラス

 

特徴

  • 色かけをする前、した後にも使用できます
  • 使用した時に薬剤による生地の色変化が少ない
  • あらゆる繊維、染まりの悪いものに対しても応用できます

<使用方法>

1.本剤を10~20倍(200㏄作る場合には10㏄~20㏄)の濃度に水で希釈して下さい。

擦れがきつい場合、希釈したものを品物に先に塗布し、それでも擦れが残る場合には染料を
使用して下さい。

染料と混ぜて使うことはしないで下さい。

2.部分的に色かけをする場合に、希釈したものを先に塗布し、その後染料で色かけして下さい。

3.色かけした後から希釈したものを塗布すると、効果が高まります。

(例:濃色系の白化などは、上記の水で希釈したものを筆ぬり、広範囲のものは20倍に水で薄めて
スプレーしてドライヤーで乾かしながら白化が治まる。)

 

 

注意事項

・使用後は必ず密栓をして下さい。
(開封状態にしておきますと、硬化膜が発生し、衣類に付着した場合除去が困難となります。)

・染料と混ぜて使うことはしないで下さい。

・希釈する場合、その都度、必要量を作ってご使用下さい。

・直射日光をさけて保管して下さい。

 

 

性状

概観
荷姿  250ccポリ容器  500ccポリ容器

成分

特殊シリコン・界面活性剤

 

 

テトラ(水ですすげる強力しみ抜き剤(万能型))

mc-0332-01

 

テトラは、油性汚れや水溶性汚れ、色素、タンパク汚れなどの除去に万能で低コストなしみ抜き剤として幅広く使用できます。
しみ抜き工程の一番最初に使うことで、できる限り安全かつ失敗しないように工夫された新しいしみ抜き剤です。

 

pdf テトラ

 

特徴

  • 油性、水性、色素、タンパクのしみ除去します
  • 安全性が非常に高く、どの繊維に対しても使用することができ効果的です
  • しみ抜きのみでなくアクアQシステムの前処理剤として幅広い用途で使用できます
  • 有機溶剤不使用

<使用方法>

1.しみ抜きしたい部分に、テトラを塗り浸透させる。

※汚れが動きにくい場合は、少し時間をおいて下さい。

2.油性しみ抜き溶剤か水のガン、超音波洗浄機などですすいで下さい。

どちらでもすすげます。

3.全体的にしみがある場合、アクアQシステムの前処理剤としても効果があります。

 

 

注意事項

・使用後は必ず密栓をして下さい。

・以下の商品には注意してお使い下さい。

*染色堅牢度が弱いもの(水だけで色が流れてしまう)。

*樹脂加工(合皮など)の衣類。

*顔料染めの衣類。

*弱い繊維加工品や加工剤などが使われているもの。

裏地や目立たない部分でテストを行ってからご使用下さい。

 

 

性状

概観  無色液体
荷姿  1Lポリ容器  2㎏ポリ容器 4㎏ポリ容器

成分

ノニオン系界面活性剤・アルカリ剤・水

 

 

MC-マジカル

mc-0328-01

 

MC-マジカルは色の出やすい商品や、ゆかた、ハッピ、その他の白物、紅白の幕などをより安全に色を落とさずに汚れを落として
洗えるために開発された洗剤です。

 

pdfMC-マジカル

 

特徴

  • 色が出て洗えなかった色物を洗うことができます。
  • 染色された色を長持ちさせます。
  • 色を落とさずに汚れを落とします。
  • ソフトで風合いの良さも長所として挙げられます。

使い方

<洗浄方法>

1.ワッシャー(洗濯機)に常温の水を入れ、水量の0.1%のMC−マジカルを投入しよく 攪拌します。
(例:水量30Lに対し30ccを添加)
※必ず薬剤を投入後、衣類を入れる前に必ず攪拌(水とよくかき混ぜる)を行ってください。
撹拌不足は色なきや色出の原因になります。

2.衣類を投入し、5分程洗浄します。

3.1回すすぎを行います。

4. 脱水を控えめに行います。
※脱水時に遠心力や重なった部分に移染・色あせ等がおこる場合がありますので、
染色堅牢度が弱いものや染物は軽く手で絞って下さい。

注意事項

  • 使用後は必ず密栓をしてください。
  • 色の出そうな商品には、部分的にマジカルの水溶液をタオルにつけテストして下さい。

性状

概観 黄色透明液体
荷姿 4kgポリ容器 16kgタフテナー

成分

カチオン系界面活性剤・ノニオン系界面活性剤

 

 

 

 

 

アクア・アルティメット(ウエット用洗剤)

mc-0324-01

アクア・アルティメット(ウエット用洗剤)

洗浄力の高い中性・アニオン系洗剤。

pdfアクア・アルティメット

 

特徴
・タンパク質・不溶性汚れにも効果がある。
・防縮剤を配合、縮み・シワ伸びも良好。

 

 

使用方法
<使用濃度>
水の量に対して0.1%
40リットルに対して40cc

 

<洗い方>
デリケートな衣類はつけ込み押し洗い
通常洗いは洗濯機で5分程度、すすぎは粗脱水後1回すすぎ

温度は洗濯物に応じて使用できます。

 

<実際洗いのテスト結果> ※下記モニターテスト含む

①カッターを40℃の湯で15分洗浄、エリ汚れはほぼ除去でき、色目もすっきりした。

②汚れのきついシャツやポロシャツ等(ぬき物)を35kgワッシャー  20℃ ・洗い3分→すすぎ
1回でエリソデ等の汚れまですべて除去出来た。仕上剤(ソフター)不使用でシワや縮み等なし。

③作業着等に付着した頑固な汚れも60℃で洗浄した結果、油・不溶性汚れがほぼ除去できた。

④デリケートな衣類の洗いの場合、ソフト回転で洗浄すればシワも縮みも非常に少ない。

⑤水で数倍に薄めて前処理しても効果があります。

⑥Tシャツについた食べこぼし(ラーメンのスープ)はぬるま湯の洗浄のみで80~90%除去できた。

⑦運動靴(ズック)の場合、ぬるま湯の中で軽くブラッシングするだけで黒ずみ等の汚れ除去できた。

 

<注意事項>
・使用後は必ず密栓をして下さい。

 

性状

概観 ㏗:中性 黄色液体
 荷姿 4kgポリ容器

成分

脂肪酸石鹸・洗浄増強剤・仕上剤・防縮剤

アクア・フィニ(ウエット用洗剤)

mc-0323-01

アクア・フィニ(ウエット用洗剤)

石鹸を主体とする新しいタイプのウエット用洗剤。
防縮・仕上剤・移染防止剤を配合により縮みがなくハリのある仕上りに

pdfアクア・フィニ

特徴

  • 洗浄性の高さと漂白剤を使用した場合、漂白効果が高い。
  • 環境に優しく、アトピーの方も安心利用が可能。
  • 防縮・仕上剤・移染防止剤配合により縮みがなくハリのある仕上りに。
  • シワにもなりにくいので仕上りが格段に楽になります。

使い方

<通常洗い>

ワッシャー(洗濯機)に25℃〜35℃の水または温水を入れ、水量の0.1~0.15%のアクア・フィニを投入し、よく攪拌します。
(例:水量40Lに対し、40~60ccを添加)
※ワッシャーの投入口から薬剤を入れる場合は原液が衣類に直接かからないように、
水であらかじめ5倍以上に希釈してから使用するなどをして下さい。

衣類を投入し、2〜3分ソフト洗いを行います。
※ワッシャー負荷量の60%を限度に衣類を投入してください。
※型崩れを防ぐには、ネットを使用することで効果的があります。
※機械の回転力が衣類に損傷を与えますので、デリケートな衣類は極力回転を抑えた洗いを行ってください。

すすぎを1回行い、脱水は強脱水で30秒間行います。
※間に脱水は入れず、自然排水をおすすめします。

乾燥は40〜50℃で5分程度タンブラーでシワを伸ばし、 その後風乾することをお勧めします。
過度の乾燥は収縮の原因となります。

<つけ込み洗い(アクアQシステムを含む)>

デリケートな品物で、回すと縮む物などに適用
※ドライ不可の商品を直接ウエット洗いする場合
※前処理として、こじろうを水で3倍に希釈し、えり・そで口などの油汚れにスプレーします。
( 水または30〜35℃の湯 40Lに対しアクア・フィニを40~60cc(0.1~0.15%))
※洗浄時間は5〜10分が目途。色が出た場合は、その商品をすぐに引上げ水で流してください。

※MC-スキットQを使用する場合、先にMC-スキットQを溶かしてからアクア・フィニをご使用下さい。

注意事項

  • 使用後は必ず密栓をしてください。
  • 品物によっては、サイジング剤などを併用してください。
  • 水だけで色が出るものは、使用しないでください。

性状

概観 半透明液体
荷姿 4kgポリ容器 16kgタフテナー

成分

石鹸、移染防止剤、仕上・防縮剤

            
Scroll Up