「こじろう」の名前の由来は、ドライ系でも水洗い系でも使える『二刀流』である、ということです。
70%が洗剤、30%が水という高濃度な製品です。
洗浄成分がアルコール成分に近い特性を持つ洗浄剤です。
しかし、アルコールは揮発性があり乾きますが「こじろう」は常温では揮発しません。
油汚れに強く、油の付いた作業着・アロマオイルの付いたバスタオル等の除去に効果があります。
油汚れの効果的的な除去方法は、カッター用洗剤併用です。
また、獣臭・ワキガの臭い・加齢臭にも非常に効果があります。
ぬるま湯に洗剤と併用してつけ込むと10分程度で臭いを除去出来ます。
また、ペットの服も動物臭がひどく、あらゆる洗剤で洗っても全く臭いは取れませんが
こじろう」につけ込むと、ほんの数分で臭いが取れました。
クリーニング屋さんでもダウンの獣臭、ワキガなど時々臭いの除去に困る場合がありますが、
こんな時「こじろう」が役に立ちます。
商品によっては水洗い、ドライなど洗い方を変える必要があります。
水洗い出来るものは「こじろう」を洗剤として使用し、またドライで洗浄する場合、
部分的なワキガの臭いであれば「こじろう」を水か石油で希釈してスプレーし、15分程度経過した後、
ドライ洗浄します。衣類の中から臭いのするものであればバッチ洗浄で「こじろう」を添加して洗浄します。
カッターシャツの衿袖口の汚れの前処理で黒ずみを除去するのにも効果があります。
さらに黄変も取りたい場合には、「こじろう」をベースにしたキレート力のある「MC-スカット」を
使います。「こじろう」は移染除去にも役に立ちます。
ポリエステル繊維の移染は「こじろう」のような油性の強い洗剤にてつけこみ、分散染料することが出来ます。

MC-アシストL」は、油性の洗浄をUPするための商品でリモネンと洗剤を配合したものです。
普通、リモネン配合洗剤のリモネン含有量は多少効果が上がる1~2%程度ですが「MC-アシストL」は
含有量が50%なのでカッター・作業着などの洗浄時に添加剤として使用すると油汚れがすっきり取れます。
目安の使用量は30㎏ワッシャーであれば50cc程添加すればOKです。
イオン性はノニオンなので洗剤との配合は問題ありません。

MC-エレガンSP」は、ドライ用仕上剤で光沢・すべり(MC-エレガンSPを100cc、
石油200ccで希釈、背広等の裏地は石油で20倍に薄めスプレーする)を付与し、高級仕上げになります。
バッチでの使用はドライ機のドラムに「MC-エレガンSP」と衣類を投入し、ベース溶剤をくみ上げ1分程度
まわします。その後、脱液して終了です。加工後にすすぎをすると効果が薄くなるので注意が必要です。
(石油系溶剤を使用するのでできるだけ臭気の影響がすきないところで使用し、十分な換気を行うこと)

色素回復剤(水希釈・スプレータイプ)」は、通常は1%~3%の濃度に水で希釈し、衣類にスプレーして
使います。また、染料を溶かしたものを少し配合したり色かけ後にも使用できます。
(例・ネクタイのしらけ、シルク衣類のしらけには1%~3%の濃度に水で希釈したものを筆ぬり、
広範囲のものはスプレーしてドライヤーで乾かしながら手で表面をなでると毛並が揃いしらけが直る)。
衣類のテカリを取る場合は、「色素回復剤」を水で100倍に薄め、スプレーしポリエステルなら
台所用スポンジの硬い面でブラッシングします(使用後は必ず密栓、涼しいところで保管する)。