こじろう】前処理剤・洗浄剤


こじろう」の名前の由来は、ドライ系でも水洗い系でも使える二刀流であることから名付けました。
こじろう」は、70%洗剤、水30%品である高濃度な商品です。
洗浄成分がアルコール成分に近い特性をもつ洗浄剤です。

しかしアルコールは揮発性があり乾きますが「こじろう」は常温では揮発しません。

性能の特長としては、油汚れに強く、油の付いた作業着、アロマオイルの付いたバスタオル等の除去に
効果があります。油汚れの除去方法は、カッター用洗剤MC-ブリットLと併用すると効果が強いです。
また、獣臭・ワキガの臭い・加齢臭にも非常に効果があります。

以前アパレルメーカーでアルパカ高級商品を製造したのですが、臭いがとれなくて蒸気を当てるだけでものすごい獣臭が発生するものがありました。
その時に役にたったのが「こじろう」でした。ぬるま湯にアクア・MC(ウエット用洗剤)と「こじろう」を併用してつけ込むと10分程度で臭いが除去出来ました。
また、ペットの服も動物臭がひどく、あらゆる洗剤で洗っても全く臭いは取れませんが「こじろう」につけ込めば、ほんの数分で臭いが取れました。

クリーニング屋さんでもダウンの獣臭・ワキガの臭いなど時々臭いの除去に困る場合がありますが、こんな時「こじろう」が役に立ちます。
商品によっては水洗い、ドライなど洗い方を変える必要があります。
水洗いできるものは「こじろう」を洗剤として使用し、またドライで洗浄する場合、部分的なワキガの臭いであれば「こじろう」を水が石油で希釈しスプレーする。
15分程度経過したあとドライ洗浄する。
衣類の中から臭いのするものであればバッチ洗浄で「こじろう」を添加して洗浄する。
また、こういう例もありました。あるクリーニング屋さんで剣道着を洗っておられ、通常は洗剤にアンモニアと過酸化水素を併用して洗っているのですが、どうしても乾かすと 臭いが発生するとの事でしたので、その時に「こじろう」で洗ってもらいました。それで臭いが取れたそうです。

こじろう」の一般的な使用方法は前処理剤です。カッターシャツの衿袖口の汚れの前処理で黒ずみを除去するのに効果があります。
さらに黄変も取りたい場合にはキレート力のあるMC-スカットを使用します。
また、ウエット洗いでの油性汚れ前処理としても効果があります。

ドライの前処理剤としては、水で3~10倍に希釈しスプレーしたあとドライクリーニングします。
また、衣類によって(着物等)水を使用しない方が良い商品は石油で2~3倍に薄めスプレーしたあと、洗浄して下さい。
フロン365等 洗浄力の弱いドライ溶剤の前処理としては原液を使用して下さい。

こじろう」の使用において注意すべき事は、樹脂等の溶解力が強いので
プリント、コーティング素材(ダウン等)においては、前処理したあと 長時間放置すると樹脂が溶解し
脱色する恐れがありますのでスプレー後すぐに洗浄するか長くても30分以内に処理して下さい。

 

 

◆製品の詳細な使用方法などは、使用説明書をご覧ください。