~ シミ抜き剤を用いてのシミ抜き方法 ~

シミ抜きで特に多いのは①インクの爆発です。
これを普通のシミ抜き方法で処理しようとすると、芯の濃い部分を取り切るのに
相当な時間がかかります。また、カッターシャツなどで事故が起こった場合、インク
の付着箇所が多く取り切れません。
インクの爆発には「ピンキー」が効果的で、「ピンキー」原液を加熱し、つけ込む方法を
採っています。
※下記の画像を実施例で紹介します。(この様な方法で移染処理もできます。)

シミ抜きで特にやっかいなのは、②墨・カーボンインクなどです。
これらのシミは、ヘラなどの物理的な処理に頼らなければならないので、
完全に除去できない場合もあります。まずこれらのシミの場合、酵素処理または、常温での
漂白処理をした方が最終的にきれいになります。
松井化学の商品で行う場合、前処理したあと「K-1」「ゲルⅡ」を交互に使い除去すると
効果的です。

最後は、③血液のシミ除去です。血液は鉄分とタンパクでできたものです。
熱をかけて処理すると結合が強固になってしまい、完全な除去はできません。
常温でゆっくりと分解することと、「ブラットール」「クイック酵素」を用いて放置します。
塗って放置すると血液が分解し赤い色が広がっていき、芯の部分に効けば水で濯ぐか洗剤を入れて
洗えば除去できます。この方法は黄変処理にも効果があり、ネクタイほか色の弱い時に便利です。
※下記の画像はケガで全体が血まみれになった服の例です。
ブラットールクイック酵素を混ぜたものを綿棒かハケでぬり30分放置後洗いました。)

 

 

製品の詳細などは使用方法をご覧ください。
製品関するお問合せは(06-6438-7305)まで。