コロナ感染もかなりおさまりつつありますが、いつ感染が再拡大するかわからない状況にあります。その為、今後のクリーニングを考えて衛生加工を十分に考慮しその対策をとっておく必要があります。松井化学としては当初製品造りの段階から必要な商品については、抗菌・防カビ剤の配合を行っています。

ドライソープでは石油用「MC-セレクションB」、「W・クリーンCA-SP」、パーク用ソープ「MC-PT」に配合しています。別投入タイプとしては、「バクタック-Dホワイト(石油用)』、パーク、シリコン、フロン用として「バクタック-DホワイトAR」があります。

水洗用としては、ソフターに配合しており「MC-マロン」、「MC-ウエットソフト」が該当します。又別添加として、「バクタック-Lホワイト」を用意しております。

糊剤としては、「ノリノリ」があります。これには消臭剤として効果のある亜鉛も配合しています。

これらの効果のデータを紹介すると黄変ブドウ状球菌の測定としてハローテストがあります。シャーレの中に抗菌加工した布を置いて培養すると布の回りに透明な阻止帯ができ菌をよせつけていません。又菌数測定法においてもドライ、水洗い商品においても菌数測定において抗菌活性値が5.8以上あり高い水準にあります。静菌活性値が2.0以上あれば抗菌防臭効果があるとされています。

この度遅れていましたが抗ウイルステストの結果が出ましたのでご報告致します。抗ウイルス活性値が4.3でありました抗ウイルス活性値が3.0を超えれば効果があり充分な結果となりました。

ウイルスに対しては政府の新型コロナウイルスによる検証試験において弊社が使用している第4級アンモニウム塩が非常に効果があると報告されました。結果を載せておきますのでご確認下さい。

 

『衛生加工の評価』はこちら