新発売!タンパク系酵素配合洗剤「クイック酵素NEO

松井化学では、タンパク質のシミを除去するシミ抜き剤として「クイック酵素」を販売してました。
血液の除去剤「ブラットール」と併用することで30分以内の血液除去が可能でした。
これらの性能を生かした上でさらに、酵素を独自の工夫でタンパク系のシミへの分解速度を早くさせ、
シミ抜きでの用途を広げるために「クイック酵素NEO」を商品化致しました。

 

◆特 長

1、洗剤と酵素を配合し、酵素の性能を維持するようにより使いやすくなりました。

 

2、血液に関しても「ブラットール」「クイック酵素」の組み合わせと同様の性能があり、
原液でぬって放置するだけで除去できます。また、水でのすすぎ性が良くなり楽になりました。

 

3、タンパク系汚れの前処理剤としても使うことができ「クイック酵素NEO」を水で10倍に希釈した
ものをシミ部分に染布し、少し放置してから洗うと、より汚れ落ちが良くなります。さらに性能を
アップさせるためには「アクア・アルティメット」「クイック酵素NEO」を1対1に配合し、
それを10倍に希釈したものをスプレー後、放置したあとに洗います。
また、漂白剤と併用することで、タンパク系汚れの除去が容易になります。

 

4、タンパク系汚れのひどい商品に関しては洗剤としても使用できます。
30~40℃のお湯20ℓに対して「クイック酵素NEO」20㏄を入れ10分程度浸け込めば、
かなりきれいになります。この場合、漂白と違って脱色する心配がほとんどないので安心して使えます。

 

5、タンパク系のシミ抜きをする場合、頑固なものは塗って放置するだけではなかなか取れません。
その場合、「クイック酵素NEO」を塗布後、超音波などを用いてシミを動かすとタンパクの分解効率が
上がり効果が上がります。

 

6、製品容量が2ℓなので色々な処理方法ができ薬剤コスト低下にもなります。

 

使用例をご紹介します。

【例1】

血液ジミに「クイック酵素NEO」をぬり超音波で処理するとすぐに除去できた。

 

【例2】

頑固なタンパクジミに「クイック酵素NEO」をぬり、しばらく放置後、超音波で処理するときれいに取れた。

 

【例3】

他店でクリーニングをし、プレスまでして熱のかかった血液ジミ。「クイック酵素NEO」を塗布後、
常温で5分経過してすすいで終了。

 

【例4】

漂白しても取れないタンパクジミも「クイック酵素NEO」をぬり、その上からシミナックスαを用いて
漂白処理するときれいに除去できます。