春のシーズンを迎えるにあたり防虫・防ダニ加工は15年以上、要望が増え、今や加工の定番となりつつあります。それだけ、多くのご家庭では、虫食いに悩まされている訳です。そんな、お客様の虫食いのお悩みを、防虫加工で解決してあげましょう。

 

クリーニング需要が減少している現在、防虫加工で売り上げアップを!!

衣類の防虫・防ダニ加工についての条件とは
⑴、安全性が高いこと
⑵、無臭であること
⑶、効果に持続性があること
⑷、加工が用途により簡単に出来ること
⑸、コストが低価格で出来ること

などが挙げられます。

安全面からいいますとピレスロイド系防虫・防ダニ剤の中でも特に安全性が高く、繊維業界でも布団綿、布団の側地などの防ダニ剤として使用されております。他の防虫剤と併用しても変色の心配がなく安心して使用できます。一般的にタンスに入れる防虫剤は揮発性が高く、ガス化して効果を発揮しますが、松井化学の防虫剤は揮発性が少なく、臭いもほとんどなく、人体への安全性が高いです。また、不揮発性の物質なので防虫効果は次回クリーニング時まで持続します。しかし加工した衣類においては効果がありますが、一緒に収納していても加工されていない品物については効果はありません。クリーニング業では、虫食いを対象に要望があり、宣伝としては防虫加工を主に紹介していましたが防ダニ加工も脚光をあびているようです。実はモス原体は大手繊維メーカーの防ダニ加工において、ずっと主流になっています。用途としては防ダニ布団、布団の側地、カーペットの加工などです。これらの商品は他の防虫剤・防ダニ剤と併用しても問題ありません。

 

加工方法
モス原体」は、水溶液なので水中のつけ込み、水希釈スプレーで加工できます。カタログでは、ドライ用全品加工としていますが、基本的には新液の石油には溶けません。ソープが入っていれば可溶化し、溶けるようにしています。使用するソープとしては、防虫剤配合の「MC-セレクションB」、「W・クリーンCA-SP」があります。使用方法は、ドライ溶剤100ℓに対して「モス原体」30ccを溶かしこむと全品加工になります。水につけ込む場合は、4000倍希釈(水40ℓで10cc)、スプレーする場合は、400倍に水で希釈してスプレーします。多少のムラ付きはあっても結構ですが、表裏にスプレーして下さい。

 

モスコンク」は、「モス原体」を利用して石油に溶解できるようにしたもので、濃度は「モス原体」を100%とすれば50%品です。加工方法は乾燥機でのスプレー加工(モスコンクを石油で200倍に薄めたものを一着当たり40ccスプレー)となります。また、ベースタンクから石油をくみ上げ、バッチ加工が出来ます(くみ上げ溶剤50ℓに対してモスコンク25cc添加して加工)。防虫効果としては、全品加工の場合、約70%の効果です。乾燥機によるスプレー加工は90~95%、バッチ加工はほぼ100%に近い加工になります。

 

その他、衣類点数が少ない場合には、「モスリペラント」を石油で10倍に薄めスプレー加工するものも用意しています。

 

加工コストで考えると、「モス原体」を使用した全品加工の場合は一点当たり1.5円、「モスコンク」を使用したスプレー加工は3~4円 いずれも、防虫加工依頼品をまとめて処理するとコスト低減になります。