ウエット用洗剤として「アクア・MC」・「アクア・フィニ」・「アクア・アルティメット」があります。
いずれも防縮剤を配合し、風合いも良いです。

 

使い分けの基準
アクア・MC
・ソフトな仕上がり、セーター・カシミアなどに適しフワフワの仕上りに。

アクア・フィニ
・背広など張りのある商品に適し特に防縮性に優れている。

アクア・アルティメット
・中性でありながらアルカリ洗剤以上の洗浄力があり、油性汚れ、タンパク系すべてに効果的。
ポロシャツ・普段の下着、特に汚れのきついものを洗うのに適しズックなどもきれいになります。

 

 

 

前処理剤「MC-スカット」は、カッターの前処理として非常に効果があります。
えり汚れは油及びススの黒ずみにくわえ黄変の汚れがこびりついています。
MC-スカット」は、黒ずみと黄変の両方を除去する効果がある。
また、ウエット洗いの品物や・えりの汚れ・ワキの変色についても前処理することにより
かなりきれいになります。
これで汚れの残ったものは、「シミナックα」と過水を用いた部分漂白をスプレーで行います。

 

 《アクア・アルティメットを用いた黄変のきつい衣類の洗い》 
30℃程度の湯に「アクア・アルティメット」0.1%を入れ10分程度つけ込み、押し洗いをします。
これで全体の汚れを除去します。残った黄変は全体漂白を行います。
温度40℃程度に「アクア・アルティメット」を0.1%、「スキットQ」0.2%を入れ
20分程つけ込みます。(スキットQは中性の漂白剤でオシャレ着のつけ込みに最適です)。
これでも黄変がある場合は、常温で「ラストカット」0.2%を入れた水に10分程つけ込み、
濯いで終了です。特にウール・シルク等の黄変は漂白ではそれ程きれいにならない場合が多いですが
ラストカット」(酸性処理)をすることにより黄変が水にとけるのできれいになります。

 

アクアシリーズ比較表