各種シミ抜き剤のご紹介!

「K-1」は、油性シミ抜き剤です。主な油性のシミには、油・口紅・ファンデーション・ペンキ・絵具などがあります。通常、油性シミ抜き剤は酢酸イソアミル・シンナーなどの溶剤を主体としていますが、これらの溶剤は揮発性が高く、すぐに気化してしまいます。しかし、「K-1」は揮発性がないため、より安全な処理が可能となります。例えば、ペンキのシミを除去する場合、油性シミ抜き剤を塗り、シミ抜き溶剤で上から流し出します。これでは、ペンキの顔料が繊維の中に入って取れなくなり失敗します。一方、「K-1」で処理する場合、ペンキのシミの部分に塗り、10分放置(樹脂が溶解する時間が必要)後、その部分を水道水で洗い流せば完全に除去できます。また、シミ抜き溶剤で洗い流す場合、ガンを上か打つのではなく、繊維の中に入り込まないよう、45℃の角度で横に流すようにするのが大切です。

 

「トリオ」「ピンキー」は同系統のシミ抜き剤ですが、「トリオ」は、あらゆる繊維に使用でき、事故が起きないためパートさんがシミ抜きをする場合でも非常に安全です。主に油性・水溶性・移染の除去に使用します。

 

「ピンキー」「トリオ」の強力版です。インクの爆発やポケットのインクのシミは、「ピンキー」原液を湯せんし、50℃程度に温め、その中にシミの部分をつけておくと簡単に除去できます。アクリル繊維・アセテート・合成皮革への使用は溶解するので注意が必要です。

 

「ブラットール」「クイック酵素」は血液を30分以内に除去することを目標に開発した商品です。ただ血液の処理だけでなく、食べこぼし・タンパク質汚れの除去に関しても効果があります。特にネクタイのほか、染色の弱い商品は漂白すると、すぐに脱色しますが、「ブラットール」「クイック酵素」の組合せでは全く脱色せずに除去でき、あらゆる繊維に対しても使用できます。

 

「テトラ」は、油性汚れや水溶性汚れ、色素、タンパク汚れなどの除去に万能で低コストなシミ抜き剤として幅広く使用できます。シミ抜き工程の一番最初に使うことで、できる限り安全かつ失敗しないように工夫された新しいシミ抜き剤です。「テトラ」を使用するにあたり、タンパク系の黄変、一般の汚れに対して「テトラ」「ラストカット」のコンビで処理すれば9割以上の黄変は取れることになります。「テトラ」で油汚れ、タンパク汚れ等ある程度取れます。残ったタンパクの黄変は「ラストカット」の酸性処理により水に溶ける形になり、すぐに流れます。今までの黄変は漂白処理で行っていましたが、ほとんど漂白処理をしなくても取れます。血液にしても「テトラ」を綿棒などで上からたたいていくと、どんどん溶解します。血液の輪ジミが動いた時点で水で流せば除去できます。残った場合「ラストカット」でかなり流れます。ボールペン、マジック等も「テトラ」で効果があります。革製からの移染は「テトラ」が一番取れます。

 

①通常の漂白処理
「シミナックスα」と過酸化水素を1:1に混ぜ2倍に薄めたものを塗り、スチームガンで漂白します(漂白処理は無理をしない)。「ラストカット」は、サビの場合は原液で使用、漂白処理の後は水で10倍に薄めたもので処理します。フッ化水素系サビ取りと異なり、揮発性がないので必ず水でよく濯ぎましょう。これで結構、黄変は除去できます。

②ワキなどの黄変処理
「シミナックスα」と過酸化水素1:1のものを水で10倍にワキの黄変部分にスプレーしたあと薄めたものを家庭用スチームガンで処理します。シミ抜きで何時間もかかるものが1分程度で処理が終わります。残った黄変はぬるま湯に「ラストカット」0.2%入れつけ込みます。

③放置によるシミ抜き
色がはげやすい場合は、「シミナックスα」と過酸化水素を9:1に混ぜた液を塗って放置し、30分程で濯ぎます。

④カビの除去
通常の条件でカビは除去できます。また、全体にカビがある場合は1:1に混ぜたものを水で10倍に薄めスプレーし放置(黒カビや、こげ茶色のカビはオレンジ色を経てレモン色になり、そのあと無色化する)。漂白の際に黄色く残った色素は、「ラストカット」での除去が効果的です。「ラストカット」でのつけ込みを行う場合、35℃~40℃の水に「ラストカット」0.2%(10Lに対して20ccを入れ15分~20分つけ込んだのち水で濯ぎます(※ラメ・メッキ金属は使用不可、チャックはOK)。