いよいよ水洗いのシーズンへ!
安心して洗いが出来る商品を紹介

・ゆかた・ハッピ・ポロシャツなど水洗いをしなければならない商品が多い

・水洗いで困るのが移染・色なきの問題で安心して洗えないという声が多い

そこで今回は「MC-フィックスⅡ」「MC-マジカル」について説明致します。

綿・麻・シルク・ウール等の繊維は 酸性染料、直接染料などアニオン系染料が主となります。ゆかた・ハッピ等は これに属することになり、この場合はカチオン系のフィックス剤を配合した「MC-フィックスⅡ」を使用すればまず安心して洗えます。それに対し新商品の「MC-マジカル」は全ての染料に対して効果がある洗剤です。ゆかたにおいても藍染めのものもあり、この種類のものは色が止まりません。
また、プリント加工品の色なき、濃色でどうみても色がでて色ざめするもの、ジーンズの色なき等があります。これらの悩みを解決したのが「MC-マジカル」です。色が出そうで不安なときは「MC-マジカル」での洗いをおすすめします。

 

使用方法で注意する点は前処理をつけたままで洗わないこと、ついてる場合は必ず水で洗い流してから使用すること。特に弱い染色のものは、「MC-マジカル」で洗っている時は色が出ませんが水で濯ぐと色が出るものもありますので、脱水に気を付けて軽く手で絞ったり、タオルを巻いて脱水したりする必要があります。色なき、移染を起こしてしまった場合は、色なきと移染は全く別処理方法となり、色なき商品を移染処理用薬剤で使用すると地色が出て余計に悪くなります。

他からの移染の場合は、つけ込みでは「MC-カチオリキッド」、しみ抜きでは「トリオ」「ピンキー」を使用します。

色なきの場合は、移染した部分に「ピンキー」 、 「トリオ」を水で薄めスプレーし、その後ぬるま湯で濯ぐ処理を行います。

 

最終的にはハイドロサルファイトで処理するしかありません。ハイドロサルファイトは恐くて使用できないというイメージがありますが、これほど色なきに効果がある薬剤はありません。  ゆかたの色なきや移染も数分できれいになります。処理の仕方が重要で、温度、使用量を充分に把握しておく必要があります。