MC-フィックスD(石油用色どめ仕上剤)

mc-0027-01

MC-フィックスD(石油用色どめ仕上剤)

色止め及び仕上剤

pdfMC-フィックスD

特徴

  • 衣類の染色堅ろう度が向上。
  • 衣類の防縮力が上がる。
  • 風合が向上。
  • 基本的に石油を噴霧して問題ない革及び衣類全てに使用できる。

使い方

【汚れのひどい革を水洗いする方法】

1.MC−フィックスDを石油で20倍に薄めます。

2.革全体に噴霧します。1着当たり100~200ccスプレーする。
(細かい霧で全体に軽く噴霧する感じで行なえば、効果はあります。)

3. 乾燥後、アクア・MCで押し洗いしたあと脱水、自然乾燥。

注意点
MC−フィックスDは、加工した部分のみ色止め効果があります。
衣類にスポット的に噴霧するとムラ付きする場合があります。

性状

概観 淡黄色透明液体(石油系)
荷姿 1.5kgポリ容器(2L)

成分

シリコン樹脂

MC-ファイナルX(水用色どめ剤)

mc-0122-01

染料の色どめ剤(水用)

pdfMC-ファイナルX

特徴

  • 染料の色どめには特に有効です。 (直接染料・酸性染料に適す。)

使い方

1.【色が出る革を洗う場合】
水に対してMC−ファイナルXを 0.1%(水10Lに10cc)
MC−レザーファイン(0.1%) 、アクア・MC(0.2)を入れて洗浄。
その後、軽くすすぎ脱水、数分タンブラーで回し形を整えて自然乾燥。

2.【部分革の処理】
部分革の場合は、MC−ファイナルXを100倍に希釈した液に
革の部分をつけ込んだあとタオルでふきとり、乾燥したあと洗浄する。

3.色かけしたあと、100倍にうすめたMC−ファイナルXをスプレーするか
筆ぬりして乾かせば色おちしない。

4.色のよく出る繊維を色どめしたい時、0.1%のMC−ファイナルXで
つけこみ処理をすれば色おちしなくなる。

性状

概観
荷姿 2Lポリ容器

成分

水溶性金属塩・樹脂

MC-レザーファイン(革用洗浄及び仕上剤)

mc-0401-01
MC−レザーファイン
革用ソープおよび仕上剤。

特徴

  • 風合がソフトで仕上りが良い。
  • カシミヤ等の仕上剤としても使用できる。
  • ドライでも水洗いでも使用できる。

使い方

<ドライ法>

 新液10Lに対して、MC−レザーファイン10cc(0.1%)を加え、 その中に革を2〜3分つけ込み洗浄したのちドライ機のドラムに投入し絞り、 あとタンブラ乾燥を行う。 油汚れのひどい場合は革用前処理剤(ドライ用)を汚れの部分にぬってから洗浄して下さい。

※(注)色が出やすい場合は、洗えません。 チェック方法としてドライソープを10倍に希釈したものをタオルに しみこませチェックして下さい。

<水洗い法>

水10Lにアクア・MC(20cc)、MC−レザーファイン(10cc)を添加して下さい。(乳化する) そこへ革をつけ込み(2分程度)その後かるく濯ぎ、脱水しタンブラーで1分程度しわのばしを した後、 自然乾燥して下さい。乾燥後タンブラー(50℃)で2分程度回して下さい。 色が出そうなものはMC−ファイナル0.1%を添加して下さい。

性状

概観
荷姿 4Lポリ容器

成分

ラノリン・パラフィン・エステル油・乳化剤

MC-レザーファイン・フィニッシュ(革用仕上剤)

mc-0402-01

革用仕上剤 (ドライ専用)

pdfMC-レザーファイン・フィニッシュ

特徴

  • 風合がソフトで仕上りが良い。
  • カシミヤ等の仕上剤としても使用できる。
  • 色の出やすい革製品を洗う時に使用。

使い方

(ドライ法)

新液10Lに対して、MC−レザーファイン・フィニッシュ10cc(0.1%)を加え、 その中に革を2〜3分つけ込み洗浄したのちドライ機のドラムに投入し絞り、
あとタンブラ乾燥を行う。 油汚れのひどい場合は革用前処理剤(ドライ用)を汚れの部分にぬってから洗浄して下さい。

性状

概観
荷姿 4Lポリ容器

成分

ラノリン・パラフィン・エステル油

            
Scroll Up