MC-ドライスッキリ(ドライ用前処理剤)

mc-0322-01

MC-ドライスッキリ

W・クリーン、MC-PTの洗浄力をより効果的に発揮

pdfMC-ドライスッキリ

特徴

  • W・クリーン、MC-PTと併用することで高い生産性を発揮します。
  • 強力な分散力・浸透力により油汚れ、水溶性汚れを問わず効果を発揮します。
  • 特に難しい作業は必要とせずスプレーでの吹き付けのみ。
  • 薬剤の溶剤中での抜けが良く、輪ジミ等になりにくい。
  • 石油・パーク、またソープのイオン性を問わず使用できます。

<使用方法>

衣類の汚れている部分にドライスッキリを原液のままスプレーします。
特にブラシ掛けはせず、汚れに吹き付けて乾く前にドライクリーニングを行って下さい。
通常の染色堅ろう度の衣類は問題ありません。

<注意事項>

  • 特に染色堅ろう度が弱いもの、弱い繊維加工品は染料や加工剤が溶解する場合がございますので、
    裏地や目立たない部分でテストを行ってからご使用下さい。
  • 接着プリントなど水や有機溶剤に溶解するものは必ず事前にテストを行って下さい。
  • 前処理後 長時間放置しますと、膨潤して前処理剤の中に溶け込んだ汚れが再度繊維の中に入り込んで
    落ちにくくなったり、溶剤に溶けきらずに残留する恐れがありますので乾く前にドライクリーニングを行って下さい。
  • 使用後は密栓をして下さい。

性状

概観 無色透明液体
荷姿 4kgポリ容器

成分

界面活性剤・溶剤・水

MC-セレクションB(石油用カチオン系ソープ)

mc-0001-01

MC-セレクションB(石油用カチオン系ソープ)

風合い・シワ伸びが良好な カチオン系高級石油ソープ(抗菌剤・防カビ剤配合)

pdfMC-セレクションB

特徴

  • 高い洗浄力と抱水能力を持つ、 非常に風合の良いカチオン系石油ソープです。
  • 抱水能力が高いため、水系前処理剤と併用しても水抜けが良く、 水溶性の汚れを落とす事が出来ます。
  • 風合い、肌触り、シワ伸びが良好です。
  • 抗菌・防カビ剤配合です。

使い方

<初期添加>

ドライ機内の全溶剤量に対し、 MC−セレクションBを0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、500ccを添加)
※通常は0.5%チャージで使用しますが、 フィルターへの吸着を考えて多めに添加します。
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。
※カーボン単体を使用する場合、5kgに4L吸着されます。
※フィルター交換時はフィルター1本につき、 2Lソープを投入して下さい。

<新液追加時>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、
MC−セレクションBを0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量20リットルに対し、100ccを添加)
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。

注意事項
  • 特にアニオン系のソープや他社ソープから移行する場合、 フィルター交換後にして下さい。
  • MC−セレクションB専用前処理剤(MC-スポットPW又はこじろう)を併用していただくと
    より効率的に水溶性の汚れを除去することが可能です。
  • 使用後は密栓をして下さい。
性状
概観 淡黄色液体
荷姿 14kg石油缶
成分

カチオン系界面活性剤・帯電防止剤・石油溶剤

防虫剤配合MC-セレクションB(石油用ソープ)

mc-0002-01

防虫剤配合MC-セレクションB(石油用カチオン系ソープ)

防虫剤を配合したカチオン系ソープです。 (抗菌剤・防カビ剤配合)

pdf防虫剤配合MC-セレクションB

特徴

  • 安全性の高い防虫剤を配合したソープで防虫効果としては約70〜80%です。
  • 高い洗浄力と抱水能力を持つ、非常に風合の良い カチオン系石油ソープです。
  • 抱水能力が高いため、水系前処理剤と併用しても水抜けが良く、 水溶性の汚れを落とす事が出来ます。
  • 風合い、肌触り、シワ伸びが良好です。

使い方

<初期添加>

MC-モス原体を添加する方法
ドライ機内の全溶剤量に対し、 防虫剤配合MC−セレクションBを0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、500ccを添加)
※通常は0.5%チャージで使用しますが、 フィルターへの吸着を考えて多めに添加します。
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。
※カーボン単体を使用する場合、5kgに4L吸着されます。
※フィルター交換時はフィルター1本につき、2Lソープを投入して下さい。

<新液追加時>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、 防虫剤配合MC−セレクションBを0.5%ベースタンクに
添加して下さい。 (例:溶剤量20リットルに対し、100ccを添加)
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、オーバーフローで20分程度循環して下さい。

<毎回投入>
10kgに対し、防虫剤配合MC-セレクションBを20ccを添加して下さい。

<注意事項>

  • 特にアニオン系のソープや他社ソープから移行する場合→①ベースタンク溶剤を別容器にとります。
    ②MC-セレクションBを少量添加
    ③撹拌
    ④15分放置・・・透明であればOK
  • MC-セレクションB専用前処理剤(MC-スポットPW)併用していただくとより効率的に
    水溶性の汚れを除去することが可能です。
  • 使用後は密栓をして下さい。

 

W・クリーンCA-SP(石油用カチオン系ソープ)

mc-0003-01

W・クリーンCA-SP(石油用カチオン系ソープ)

油性・水溶性、どちらの汚れも除去できる、
極めて抱水能力の高いカチオン系石油用ソープです。(抗菌剤・防カビ剤・リント防止剤配合)

pdfW・クリーンCA-SP

特徴

  • 高い抱水能力(水分30%含有)で、安全に水溶性の汚れを除去します。
  • あらゆる石油溶剤に対しても、高い溶解性を発揮します。
  • べとつき感がなく、水洗いをしたようなさらっとした仕上りに なります。
  • 抗菌剤配合で高い抗菌・消臭効果を発揮します。
  • リント(毛ぼこり)付着防止効果があります。
  • バッチ洗い時、ソープ添加剤を増やすことにより汗抜きドライが できます。

使い方

<初期添加>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、W・クリーンCA-SPを0.5%ベースタンクに添加。
※通常は0.5%チャージで使用します。
※ベースタンクへのソープ添加時には、衣類を入れずに20分程度循環。
※撹拌後、タオルケットなどを洗い、余分な水分を除去。(1〜2回程度)
※カーボン単体を使用する場合、5kgに4L吸着されます。
※フィルター交換時はフィルター1本につき、2Lソープを投入。

<新液追加時>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、W・クリーンCAーSPを0.5%ベースタンクに添加。
(例:溶剤量20Lに対し100cc添加)
※ベースタンクへのソープ添加時には、衣類を入れずに20分程度循環。
※フィルター交換時、MC-セレクションB(水が入っていない)を使用すると便利です。

<バッチ洗浄方法>

ソープを毎回、衣類重量(機械)10kgに対し、約20ccをドラムより投入。
①バッチ(無循環)洗浄【3分】 → ②オーバーフロー(循環)洗浄【4分】 → ③脱液【5分】
※水分の含有しているソープはソープセンサーにて投入すると、
投入量にばらつきが出る可能性が ありますので、
その場合は定量投入ポンプか手動にて投入してください。

<汗抜きドライ>

バッチ洗い時にW・クリーンCAーSPを20kg機械で200cc投入する。

汗抜きドライ測定結果はこちら⇒クリック

注意事項
  • ベースタンクが濁った時やフィルター交換時、梅雨時期など湿度が高く シワが非常に多い場合には、
    水分除去のために綿のバスタオルを 3枚ぐらい入れて循環洗いをしてください。
  • スピンディスクフィルターをご使用の場合はW・クリーンCAーSP(WO)をおすすめします。
  • 特にアニオン系のソープや他社ソープから移行する場合、
    ベースタンクの溶剤100ccに対してW・クリーンCAーSPを2〜3滴入れ、 濁りをチェックして
    透明ならばOKです。 ソープの変更はフィルター交換時に行うようにしてください。
  • W・クリーン専用前処理剤(MC-スポットPW又はこじろう)を併用していただくとより強力に
    水溶性の汚れを除去することが可能です。
  • 使用後は密栓をして下さい。
性状
概観 淡黄色液体
イオン性 カチオン
荷姿 16kgアトロン缶
成分

カチオン系界面活性剤・帯電防止剤・水

防虫剤配合W・クリーンCA−SP(石油用カチオン系ソープ)

mc-0004-01

防虫剤配合W・クリーンCA−SP(石油用カチオン系ソープ)

防虫加工用、水溶性汚れを除去する カチオン系石油ソープ (抗菌・防カビ剤・リント防止剤配合)

pdf防虫剤配合W・クリーンCA-SP

特徴

  • 従来品の水入りソープ『W・クリーンCA−SP』に 防虫効果を加えたソープです。
  • 小児喘息及びアレルギーの原因となっているダニに対して 強力な忌避作用があり、ウール・シルク等の動物繊維に対しても 虫よけとして高い忌避効果を持ちます。
  • 非常に安全性高く、特殊ドライの洗いと 防虫加工が低コストで簡単にできます。
  • 高い抱水能力を発揮し、 安全に水溶性の汚れを除去する事が可能(水分30%含有)
  • べとつき感がなく、水洗いをしたようなさらっとした仕上り。
  • 抗菌剤の効果で抗菌・消臭効果を発揮。 リント(毛ぼこり)付着防止効果をもちます。

使い方

<初期添加>

【防虫剤配合W・クリーンCA−SP初期設定】
①モス原体を使用する方法
モス原体を全溶剤量に対して0.03%(100Lに対して30cc) ベースタンクを循環しながら添加して
20分程攪拌すれば良い。

ドライ機内の全溶剤量に対し、 防虫剤配合W・クリーンCA−Xを0.5%ベースタンクに
添加して下さい。 (例:溶剤量100リットルに対し、500ccを添加)
※通常は0.5%チャージで使用しますが、 フィルターへの吸着を考えて多めに添加します。
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。
※攪拌後、タオルケットなどを洗い、 余分な水分を除去します。(1〜2回程度)
※カーボン単体を使用する場合、5kgに4L吸着されます。
※フィルター交換時はフィルター1本につき、 2Lソープを投入して下さい。

<新液追加時または石油回収時>

新液追加時、蒸留時、石油回収時には追加溶剤量に対し、
防虫剤配合W・クリーンCA-Xを0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量20リットルに対し、100ccを添加)
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。

<バッチ洗浄方法>

ソープを毎回、衣類重量(機械)10kgに対し、 約20ccをドラムより投入する。
①バッチ(無循環)洗浄【3分 】→ ②オーバーフロー(循環)洗浄【4分】 → ③脱液【5分】
※水分の含有しているソープはソープセンサーにて投入すると、
投入量にバラツキが出る可能性がありますので、 その場合は定量投入ポンプか
手動にて投入して下さい。

【コストについて(洗浄+防虫加工】

一点あたりのソープのコスト 石油の場合:約3.8円 (10kgワッシャーで15着洗浄・加工した場合を想定)

注意事項
  • ベースタンクが濁った時、フィルター交換時、梅雨時期で非常に湿度の高いときで
    シワが非常に多い場合には、水分除去のために綿のバスタオルを3枚ぐらい入れて
    循環洗いをして下さい。
  • スピンディスクフィルターをご使用の場合は別途お問い合わせ下さい。
  • 特にアニオン系のソープや他社ソープから移行する場合、
    下記要領にてソープ投入前に相溶性をご確認下さい。
  • W・クリーン専用前処理剤(MC-スポットPW・こじろう・MC-プレショット)を併用していただくと
    より強力に水溶性の汚れを 除去することが可能です。
  • 使用後は密栓をして下さい。
性状
概観 淡黄色液体
荷姿 15kgアトロン缶
成分

カチオン系界面活性剤・帯電防止剤・石油溶剤・水・防虫剤

MC-クリーンアップA(石油用カチオン系ソープ)

mc-0005-01

MC-クリーンアップA(石油用カチオン系ソープ)

高級仕上剤配合カチオン系石油用ソープ (抗菌剤・防カビ剤配合)

pdfMC-クリーンアップA

特徴

  • 高い洗浄力と抱水能力が非常に風合の良いカチオン系石油用ソープです。
  • 仕上剤によりシワの伸びが良い。
  • あらゆる石油溶剤に対しても高い溶解性を発揮します。
  • 抗菌剤・防カビ剤配合で衛生的です。

使い方

<初期添加>

ドライ機内の全溶剤量に対し、0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、500ccを添加)
※通常は0.3%チャージで使用しますが、 フィルターへの吸着を考えて多めに添加します。
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。
※カーボン単体を使用する場合、5kgに4L吸着されます。
※フィルター交換時はフィルター1本につき、 2Lソープを投入して下さい。

<新液追加時>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、 0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量20リットルに対し、100ccを添加)
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。

<バッチ洗浄方法>

ソープを毎回、衣類重量(機械)10kgに対し、 約20ccをドラムより投入する。
①バッチ(無循環)洗浄【3分】 → ②オーバーフロー(循環)洗浄【4分】 → ③脱液【5分】

注意事項
  • スピンディスクフィルターをご使用の場合は別途お問い合わせ下さい。
  • 特にアニオン系のソープや他社ソープから移行する場合、
    下記要領にてソープ投入前に相溶性をご確認下さい。
  • 使用後は密栓をして下さい。
性状
概観 淡黄色透明液体
荷姿 15kg石油缶
成分

石油・帯電防止剤・樹脂・シリコン、オイル・石油溶剤

W・クリーンⅡWO(石油用アニオン系ソープ:水ナシ)

mc-0006-01

W・クリーンⅡWO(石油用アニオン系ソープ:水ナシ)

アニオン系石油用ソープ(水含有なし)

特徴

  • 抱水能力が高く水溶性前処理剤を併用しても輪じみが出来ません。
  • あらゆる石油溶剤に対しても高い溶解性を発揮します。

使い方

<初期添加>

ドライ機内の全溶剤量に対し、 W・クリーンⅡ WOを0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、500ccを添加)
※通常は0.5%チャージで使用しますが、 フィルターへの吸着を考えて多めに添加します。
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。
※カーボン単体を使用する場合、5kgに4L吸着されます。
※フィルター交換時はフィルター1本につき、2Lソープを投入して下さい。

<新液追加時>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、 W・クリーンⅡ WOを0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量20リットルに対し、100ccを添加)
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい

<バッチ洗浄方法>

ソープを毎回、衣類重量(機械)10kgに対し、 約20ccをドラムより投入する。
①バッチ(無循環)洗浄【3分】 → ②オーバーフロー(循環)洗浄【4分】 → ③脱液【5分】

注意事項
  • 特にカチオン系のソープや他社ソープから移行する場合は、 フィルター交換後にして下さい。
  • W・クリーン専用前処理剤(MC-スポットPW)を併用していただくとより強力に水溶性の汚れを
    除去することが可能です。
  • 使用後は密栓をして下さい。
性状
概観 淡黄色液体
荷姿 14kgアトロン缶
成分

アニオン系界面活性剤・帯電防止剤・石油溶剤・水

W・クリーンⅡ(石油用アニオン系ソープ:水含有)

mc-0007-01

W・クリーンⅡ(石油用アニオン系ソープ:水含有)

水溶性汚れを除去するアニオン系石油用ソープ (水30%含有)

pdfW・クリーンⅡ

特徴

  • 油性の汚れだけではなく、水溶性の汚れまでも除去することを可能とした
    極めて抱水能力の高い石油系溶剤用ソープです。(水分30%含有)
  • あらゆる石油溶剤に対しても高い溶解性を発揮します。
  • べとつき感がなく、水洗いをしたようなさらっとした仕上りになります。
  • 洗浄力アップの為、バッチ洗浄を基本としています。

使い方

<初期添加>

ドライ機内の全溶剤量に対し、 W・クリーンⅡを0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、500ccを添加)
※通常は0.5%チャージで使用しますが、 フィルターへの吸着を考えて多めに添加します。
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。
※攪拌後、タオルケットなどを洗い、 余分な水分を除去します。(1〜2回程度)
※カーボン単体を使用する場合、5kgに4L吸着されます。
※フィルター交換時はフィルター1本につき、 2Lソープを投入して下さい。

<新液追加時>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、 W・クリーンⅡを0.5%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量20リットルに対し、100ccを添加)
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。

<バッチ洗浄方法>

ソープを毎回、衣類重量(機械)10kgに対し、 約20ccをドラムより投入する。
①バッチ(無循環)洗浄【3分】 →②オーバーフロー(循環)洗浄【4分】 → ③脱液【5分】
※水分の含有しているソープはソープセンサーにて投入すると、
投入量にバラツキが出る可能性がありますので、その場合は定量投入ポンプか手動にて投入して下さい。

注意事項
  • ベースタンクが濁った時、フィルター交換時、梅雨時期で非常に湿度の高いときで
    シワが非常に多い場合には、水分除去のために綿のバスタオルを3枚ぐらい入れて
    循環洗いをして下さい。
  • スピンディスクフィルターをご使用の場合は別途お問い合わせ下さい。
  • 特にカチオン系のソープや他社ソープから移行する場合、
    下記要領にてソープ投入前に相溶性をご確認下さい。
  • W・クリーン専用前処理剤(MC-スポットPW)を併用していただくとより強力に
    水溶性の汚れを除去することが可能です。
  • 使用後は密栓をして下さい。
性状
概観 淡黄色液体
荷姿 15kgアトロン缶
成分

アニオン系界面活性剤・帯電防止剤・石油溶剤・水

MC-PT(パーク用ソープ)

mc-0008-01

MC-PT(パーク用ソープ)

油性・水溶性、どちらの汚れも除去できる、
極めて抱水能力の高いカチオン系パーク用ソープです。(抗菌剤・防カビ剤配合)

pdfMC-PT

特徴

  • 水分を有効に利用することによって油溶性汚れだけではなく 水溶性の汚れの除去も効果的に行います。
  • ノンパークタイプのコンク品です。
  • べとつき感がなく、水洗いをしたようなさらっとした仕上りに なります。
  • シワの伸びも良く、仕上りが良好です。
  • バッチ洗い時、ソープ添加剤を増やすことにより汗抜きドライが できます。

使い方

<初期添加>

標準使用量は被洗物(機械)に対して0.3%〜0.4%です。 (ベース溶剤100Lに対して300cc~400cc)

<通常時>

被洗物20kgに対し80ccを投入。 MC−PT専用前処理剤(MC−スポットPW、こじろう)を併用していただくとより強力に水溶性の 汚れを除去することが可能です。

<汗抜きドライの場合>

予洗工程でMC−PTを20kgの機械に対して200cc添加する。

汗抜きドライ測定結果はこちら⇒クリック

注意事項
  • ウレタン等の人工皮革には使用できません。
  • 使用後は必ず密栓をしてください。
性状
概観 淡黄色液体
イオン性 カチオン
荷姿 16kgアトロン缶
成分

カチオン系界面活性剤・帯電防止剤・リント防止剤・水

MC-FT(フッ素用ソープ) 

mc-0009-01

MC-FT(フッ素用ソープ)

225用フッ素用ソープ。

pdfMC-FT

特徴

  • 仕上げ剤配合でシワ伸びが良く、仕上性が高い。 ワンショットで使用可能です。
  • 水分による輪ジミ、再汚染を防ぎます。
  • コンク品(100%品:フロン225は含まれておりません)

使い方

<標準使用量は被洗物(機械)に対し、0.75%〜1%です。>

(例:被洗物(機械)20kgに対し、150cc〜200ccを添加)

<溶剤くみ上げ量に対して、MC-FTを0.3%~0.4%添加して下さい。>

(例:溶剤量50Lに対し、150cc〜200ccを添加)

 

注意事項
  • MC-FT専用前処理剤(こじろう)を併用していただくことにより、
    油性・水溶性の汚れに対しての洗浄力をアップする事が可能です。
性状
概観 淡黄色液体
荷姿 16kgアトロン缶
成分

両性界面活性剤・特殊仕上剤・ノニオン系活性剤

MC-セレクション365(365用ソープ) 

mc-0010-01

MC-セレクション365(365用ソープ)

帯電防止効果・風合い シワ伸びが良好なカチオン系ソープ。

pdfMC-セレクション365

特徴

  • 高い洗浄力を持ち、非常に風合いと帯電防止が良い フロン365用ソープです。
  • 帯電防止効果が強くネットにいれても静電気が起きにくい。
  • 風合い、肌触り、シワ伸びが良好です。

使い方

<初期添加>

ドライ機内の全溶剤量に対し、 MC−セレクション365を0.2%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、200ccを添加)
※通常は0.2%チャージで使用しますが、 フィルターへの吸着を考えて多めに添加します。
※ソープ添加時には、衣類を入れずドラムを回し、 オーバーフローで20分程度循環して下さい。
※フィルター交換時はフィルター1本につき、 1リットルソープを添加して下さい。

注意事項
  • 16kg洗浄機の場合ソープ投入量は200〜250ccです。
  • 前処理としては、こじろう原液で油性・水性汚れを除去出来ます。
    (顔料コーテングは色がはげますので注意して下さい。)
性状
概観 淡黄色液体
荷姿 16kgアトロン缶
成分

ノニオン・カチオン系界面活性剤・100%品

MC-エレノン(静電気防止剤)(石油用)

mc-0019-01

MC-エレノン

静電気を防止する薬剤(石油)

pdfMC-エレノン

特徴

  • ベースタンクにチャージすることで洗浄中に繊維に吸着し、 静電気を防止します。
  • コンク品ですので、少量の添加で効果を発揮します。

使い方

<ベースタンクに添加する場合>

初期添加
ドライ機内の全溶剤量に対し、MC-エレノンを0.05%〜0.1%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、50cc〜100ccを添加)
(例:溶剤量400リットルに対し、200cc〜400ccを添加)

新液追加時
新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、MC-エレノンを0.05%〜0.1%ベースタンクに
添加して下さい。
(例:溶剤量20リットルに対し、10cc〜20ccを添加)
(例:溶剤量50リットルに対し、25cc〜50ccを添加)

<スプレーにて加工する場合>

MC-エレノンを石油で約100〜200倍に希釈(約0.5〜1%濃度)して
背広1着あたり30ccスプレーしてください。
(例:MC-エレノン 10ccを、石油 1リットル〜2リットルで希釈)

注意事項

  • 使用後は必ず密栓をしてください。

性状

概観 無色透明液体
荷姿 3.5kgポリ容器

成分

カチオン系界面活性剤・ノニオン系界面活性剤

リント防止剤

mc-0018-01

リント防止剤

リント(乾燥時に付着するホコリ)を防止する特殊薬剤(石油)

pdfリント防止剤

特徴

  • 乾燥時のリントの付着防止。
  • ベースタンクに適量を添加するだけで手軽に使用できます。
  • 特に冬場などは、リントを取り除く手間が省け、生産性の向上に貢献します。
  • イオン性はノニオンですので、ソープの相性を問わず、投入が可能です。

使い方

<初期添加>

ドライ機内の全溶剤量に対し、リント防止剤を0.1%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、100ccを添加)
※リント防止剤添加時には、衣類を入れずドラムを回し、
オーバーフローで20分程度循環して下さい。

<新液追加時>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、 リント防止剤を0.1%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量20リットルに対し、20ccを添加)
※リント防止剤添加時には、衣類を入れずドラムを回し、
オーバーフローで20分程度循環して下さい。

注意事項

  • 使用後は必ず密栓をして下さい。

性状

概観 無色透明液体
荷姿 3.5kgポリ容器、17kg石油缶

成分

ノニオン系界面活性剤・有機溶剤

MC-ドライキャッチャー(脂肪酸除去剤)

mc-0017-01

MC-ドライキャッチャー(脂肪酸除去剤)

pdfMC-ドライキャッチャー

特徴

  • ドライクリーニング洗浄において発生してくる脂肪酸をキャッチし、 フィルターの表面に付着して除去します。
  • 付着した脂肪酸はパサパサの脂肪酸反応となるため、 フィルター圧をあげることはありません。
  • フィルターの効果は脂肪酸がフィルター外で除去されるため、 20%〜50%長もちします。(使用状況により異なります)
  • 脂肪酸の除去により石油溶剤の着色はおさえられ、 また溶剤のにごりもなく脂肪酸特有の臭いがなくなります。

使い方

①MC−ドライキャッチャーを、ドライ機の大きさに合わせてドラムに投入します。
ドライ機の大きさ10kgの場合→25cc(ドライキャッチャーの投入量)
ドライ機の大きさ20kgの場合→50cc(ドライキャッチャーの投入量)
ドライ機の大きさ22kgの場合→60cc(ドライキャッチャーの投入量)
ドライ機の大きさ30kgの場合→75cc(ドライキャッチャーの投入量)

②ドライ機を空運転して、溶剤を循環させます。

③ 25ワッシャー毎に、ドライ機の大きさに合わせて、ドラムに投入してください。

※ドライ機の扉を開けると、ドラム内のバブルが開くタイプのドライ機の場合は、
タオル等にドライキャッチャーをしみこまして、空運転をしてください。
※MC−ドライキャッチャーを一度に大量に投入すると、 フィルター圧が急激に上がる場合がありますので
投入量は、 規定の投入量を守ってください。

注意事項

  • ソープのイオン性はカチオン又はノニオンに使用できます。
  • アニオン系のドライソープには、使用できません。

性状

概観
荷姿 2.5kgポリ容器、5kgポリ容器

MC-エクセル(パーク用仕上剤)

mc-0016-01

MC-エクセル(パーク用仕上剤)

繊維にハリ(サイジング) 蘇生効果をもたらす仕上剤

pdfMC-エクセル(パーク用仕上げ剤)

特徴

  • 溶剤にチャージすることで、洗浄中に繊維に対してサイジングを行い、
    ハリとコシを与え立体感のある仕上げが可能。
  • リント(毛ぼこり)の付着を防止します。
  • 色素回復効果により、繊維に光沢を与えます。
  • 繊維に平滑性・防汚性を与えます。
  • 帯電防止効果により乾燥のトラブルを防ぎます。

使い方

<初期添加>

ドライ機内の全溶剤量に対し、 MC-エクセルを0.25%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、250ccを添加)
(例:溶剤量400リットルに対し、1リットルを添加)

<新液追加時>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、 MC-エクセルを0.25%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量20リットルに対し、50ccを添加)
(例:溶剤量50リットルに対し、125ccを添加)

<その他の方法>

あらかじめソープに混ぜて添加時にチャージする場合 ソープ量に対して、
MC-エクセルを20%ソープに添加して下さい。
(例:ソープ10リットルに対し、2リットル添加混合)
※ソープの相溶性および使用濃度により、適用できない場合があります。

注意事項

  • 使用後は密栓をして下さい。

性状

概観 淡黄色透明液体
荷姿 5kgポリ容器、20kg石油缶

成分

カチオン系界面活性剤・シリコン・オイル・パークロルエチレン

MC-エクセルハードN(ドライ用硬仕上剤)

mc-0015-01

MC-エクセルハードN(ドライ用硬仕上剤)

繊維にハリ・コシ(サイジング)を もたらすスプレー用仕上剤

pdfMC-エクセルハードN

特徴

  • サイジング加工で繊維にハリ・コシを与え、 立体感のある仕上げが可能です。
  • 色素回復効果により、繊維に光沢を与えます。
  • 繊維に平滑性を与えます。

使い方

MC-エクセルハードNを石油で20倍に希釈し、 背広1着あたり20ccをもれなくスプレーする。
(例:MC-エクセルハードNを50cc、石油950ccで希釈)
※硬さが足りない場合は、追加でスプレーしてください。
※濃度は硬さの好みによって調整してください。

【加工コストについて】

一点あたりの薬剤コスト
●背広1着あたり20ccスプレー ・薬剤 3cc :約1円
※入り目12kgの製品価格で計算しております。

注意事項

  • 使用後は密栓をして下さい。
  • 石油系溶剤ですので、できるだけ臭気の影響が少ないところで使用し、 換気を行って下さい。

性状

概観 無色透明液体
荷姿 3kgポリ容器、12kg石油缶

成分

樹脂・シリコン・石油溶剤

MC-コートSO(石油用仕上剤)

mc-0014-01

MC-コートSO(石油用仕上剤)

滑り・柔軟性を与える石油用加工剤(石油用風合向上剤)

pdfMC-コートSO

特徴

  • ドライクリーニングにおける他店との差別化、 基本的な品質向上に貢献します。
  • 合成繊維には平滑性、シルク等には柔軟性を与え、 繊維を選び効果を発揮します。
  • 色物を鮮やかな色相に回復します。
  • アイロン滑りがよくなり作業効率を高めます。
  • ソープを選ばず、併用が可能です。

使い方

<標準使用量は溶剤量に対して、0.05%~0.1%です。>

初期添加
ドライ機内の全溶剤量に対し、MC-コートSOを 0.05%~0.1%ベースタンクに添加して下さい。

新液追加時
新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、 MC-コートSOを同様に添加して下さい。

※お好みの濃度を調製して下さい。
フィルターには吸着しません。

注意事項

  • 使用後は密栓をして下さい。

性状

概観 無色透明液体
荷姿 6kg石油缶、12kg石油缶

成分

ノニオン系界面活性剤・シリコン・オイル・石油溶剤

MC-エクセル(ゾール用)(石油用仕上剤)

mc-0013-01

MC-エクセル(ゾール用)(石油用仕上剤)

繊維にハリ(サイジング)、 蘇生効果をもたらす仕上剤

pdfMC-エクセル(ゾール用)

特徴

  • 溶剤にチャージすることで洗浄中に繊維に対して サイジング加工を行い
    ハリとコシを与え立体感のある 仕上げが可能です。
  • リント(毛ぼこり)の付着を防止します。
  • 色素回復効果により、繊維に光沢を与えます。
  • 繊維に平滑性・防汚性を与えます。
  • トンネルでのシワの伸びが向上し生産スピードが上がります。

使い方

<初期添加>

ドライ機内の全溶剤量に対し、 MC-エクセルを0.2%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量100リットルに対し、200ccを添加)
(例:溶剤量400リットルに対し、800ccを添加)

<新液追加時>

新液追加時、蒸留時には追加溶剤量に対し、 MC-エクセルを0.2%ベースタンクに添加して下さい。
(例:溶剤量20リットルに対し、40ccを添加)
(例:溶剤量50リットルに対し、100ccを添加)

<その他の方法>

①あらかじめソープに混ぜて添加時にチャージする場合 ソープ量に対して、
MC-エクセルを20%ソープに添加して下さい。
(例:ソープ10リットルに対し、2リットル添加混合)
※汚れが動きにくい場合は、少し時間をおいてください。
ソープの相溶性および使用濃度により、適用できない場合があります。

②スプレーで加工する場合 MC-エクセルを石油で50(2%溶液)倍に希釈し、
スプレーして下さい。

注意事項

  • 使用後は密栓をして下さい。
  • 石油系溶剤ですので、できるだけ臭気の影響が少ないところで使用し、 換気を行って下さい。
  • 本品はイオン性を持ちませんので アニオン、カチオン、ノニオン、
    いづれのソープにも使用できます。

性状

概観 淡黄色透明液体
荷姿 3kgポリ容器、13kg石油缶

成分

樹脂・シリコン・オイル・石油溶剤

MC-スポットPW(ドライ用前処理剤)

mc-0012-01

MC-スポットPW(ドライ用前処理剤)

石油、パーク用の前処理剤

pdfMC-スポットPW

特徴

  • 石油系及びパーク系(パーク用ソープ MC−PT)の 専用前処理剤です。
  • 強力な分散力・浸透力により油汚れ・水溶性汚れを問わず効果を発揮します。
  • 特に難しい作業は必要とせずスプレーでの吹き付けのみ。
  • 薬剤の溶剤中での抜けが良く、輪ジミ等になりにくい。
  • 石油・パーク、またソープのイオン性を問わず使用できます。

使い方

衣類の汚れている部分にMC-スポットPWを原液のままスプレーします。
特にブラシ掛けはせず、汚れに吹きつけて、乾く前にドライクリーニングを行って下さい。
通常の染色堅牢度の衣料は問題ありません。

注意事項
  • 特に染色堅牢度が弱いもの、弱い繊維加工品は染料や加工剤が溶解する場合がございますので、
    裏地や目立たない部分でテストを行ってからご使用下さい。
  • 接着プリントなど水や有機溶剤に溶解するものは必ず事前にテストを行って下さい。
  • 前処理後長時間放置しますと、膨潤して前処理剤の中に溶け込んだ汚れが 再度繊維の中に入り込んで
    落ちにくくなったり、溶剤に溶けきらずに残留する恐れがありますので乾く前に ドライクリーニングを行って下さい。
  • 使用後は密栓をして下さい。
性状
概観 無色透明液体
荷姿 16kgアトロン缶
成分

界面活性剤・溶剤・水

こじろう(前処理剤・洗浄剤)

mc-0011-01

こじろう(前処理剤・洗浄剤)

石油系、パーク系、フロン225・365による 前処理剤です。

pdfこじろう

<性能DRY/ WETLAUNDRY>

  • 強力な分散力・浸透力により油汚れ・水溶性汚れに効果を発揮します。
  • 特に難しい作業は必要とせずスプレーでの吹き付けのみ。
  • 薬剤の溶剤中での抜けが良く、輪ジミになりにくい。
  • 作業性が簡単なこと
  • ドライ洗浄で落ちない水溶性のシミや汚れを取り除けること
  • ドライ洗浄で落ちない油性のシミや汚れを取り除けること
  • ドライ溶剤ですすげやすく、輪ジミ・逆汚染が発生しにくいこと
  • 移染や脱色が起こりにくいこと
  • パーク・石油の両方のドライ溶剤に使用できること
  • 水洗いにも油性汚れを落とすのに効果があります
  • 水をかけただけで脱色する物には使用しないで下さい。
<使用方法 DRY の場合>
  • 水で10倍希釈しスプレーして下さい。
  • フロン225・365、シリコンは原液で使用して下さい。
    ※スプレーしたあとは乾かないうちに洗浄して下さい。
    乾くと輪ジミになったり顔料衣類は色ハゲになります。
  • 水分がとぶと顔料・樹脂がはく離しますので、すぐに洗って下さい。
<使用方法 WET・  LAUNDRYの場合>

  • 水で3倍希釈しスプレーして下さい。
  • 水分がとぶと顔料・樹脂がはく離しますので、すぐに洗って下さい。
【洗剤としての使用方法
DRYの使用方法>
わきがの臭い(その他 臭いのある商品)をドライクリーニングで取る方法
10Lの石油(ベースタンクよりくみあげたもの。ソープが入っている)にこじろう20ccを入れ
かき混ぜ、臭いのある商品を15分つけ込み、その後そのままドライ機に入れ、
洗い直すと除去できます。
WET・  LAUNDRYの使用方法>
  • けもの臭/わきがの臭い/ペットの臭いとおしっこの臭いの取り方
    35~40℃のお湯40Lにこじろう80ccを入れて混ぜたものに
    臭いのある衣類を15~20分つけ込んだ後、すすいで乾燥。
  • 作業着洗い(特に機械油でよごれたもの)
     30㎏の水洗機で(温度50℃)MC-ブリットL150cc こじろう150ccを入れて15~20分洗浄。
  • アロマオイルの洗浄
    30㎏の機会にMC-ビビッドS150ccまたはMC-ブリットL150cc こじろう100ccを入れ、
    50℃で15~20分洗浄。
  • その他
    香水やニオイのするものに関しては使用できる可能性が高い。

注意事項

  • ダウン等は顔料コーティングが多いので MC-カーボイル等で前処理する方が安全です。
    乾くと顔料プリント等が溶解しますので1時間以内に洗って下さい。
  • 特に染色堅牢度が弱いもの、弱い繊維加工品は染料や加工剤が 溶解する場合がございますので、
    裏地や目立たない部分でテストを 行ってからご使用下さい。
  • 接着プリントなど水や有機溶剤に溶解するものは 必ず事前にテストを行って下さい。
  • 使用後は密栓をして下さい。
性状
概観 無色透明液体
荷姿 4kg、16kgタフテナー
成分

界面活性剤・水

            
Scroll Up