MC-スキットQ(中性漂白剤)

mc-0115-01
MC-スキットQ(中性漂白剤)

ウエット用漂白剤

pdfMC-スキットQ

特徴

  • PHがほぼ中性で強い漂白力、色柄も安心して使用できます。 繊維を選びません。
  • 別に中性キレートを同封していますので スキットQに対して10%添加して下さい。

使い方

1.湯40℃〜45℃の中に、 アクアMC 0.2% ・ MC-スキットQ 0.2%投入し(中性キレート剤)
かき混ぜた後衣類をつけこんで下さい。(時間は10分〜20分です。)

例)湯→40Lアクア・MC→80cc MC-スキットQ→ 80cc 中性キレート剤→5cc〜10cc
(中性キレート剤1㍑容器のフタで10ccです。)

2.そのあと、軽くすすいで脱水して下さい。

注意事項

  • 水でも色が出るものは避けて下さい。
    色が出たら品物はすぐに出してすすいで下さい。
    MC-スキットQは、水がかかると発熱して固まってしまいます。
    計量カップも水がついた場合、よくタオル等でふいておいて下さい。

性状

概観 白色粉末
荷姿 4.5kgPC、0.5kg(中性キレート剤1kg 容器同封)

成分

特殊酸化剤・中和剤・(ポリ袋)・中性キレート剤(1kg容器)

Q-パワーアップN(中性漂白助剤)

mc-0111-01

Q-パワーアップN(中性漂白助剤)

アクアQシステム用助剤

pdfQ-パワアップN

特徴

  • アクアQシステムにおける、過酸化水素の漂白増強剤です。
  • 過酸化水素と併用すると漂白力は一段とアップします。
  • 中性ですので色柄物等にも使用できます。(ph約7.5)

使い方

<標準使用量は水量に対し、 0.2%〜 0.3%です。>

温度は40℃〜50℃。 (例:水量10kgに対し、20cc〜30ccを添加)
※pHは、約7.5

例 ( つけ込み法)
アクア・MC→0.2% Q−パワーアップN→0.2%〜 0.3% 過酸化水素→0.5%〜 1%

  • 必ず薬剤を投入後、衣類を入れる前に攪拌(水とよく混ぜる)を 行ってください。

注意事項

  • 固まる恐れがありますので、使用後は必ず封をして下さい。
  • 中性ですが色が出た場合は、すみやかに取り出し水洗いして下さい。

性状

概観 無色粒状粉末
荷姿 4kgパッキングケース

成分

無機炭酸塩・キレート剤

Q-パワーアップ(アルカリ性漂白助剤)

mc-0110-01

Q-パワーアップ(アルカリ性漂白助剤)

アクアQシステム用助剤

pdfQ-パワ―アップ

特徴

  • アクアQシステムにおける、過酸化水素の漂白増強剤です。
  • 少ない使用量で漂白力アップ
  • アルカリ性のため、色のでやすいものには使用できません。

使い方

<標準使用量は水量に対し、0.1%です。>

(例:水量10kgに対し、10ccを添加)
※pHは、約8.5 〜9

例 ( つけ込み法)
アクア・MC → 0.2%
Q−パワーアップ → 0.1%
過酸化水素 → 0.5%〜 1%

■必ず薬剤を投入後、衣類を入れる前に攪拌(水とよく混ぜる)を 行ってください。

注意事項

  • 固まる恐れがありますので、使用後は必ず封をして下さい。

性状

概観 無色粒状粉末
荷姿 4kgパッキングケース

成分

無機炭酸塩・キレート剤

MC-アシストL(油性洗浄アップ剤)

mc-0208-01

MC-アシストL(油性洗浄アップ剤)

頑固なえり汚れ、袖汚れ、油汚れのためのリモネン配合洗浄力向上剤(水洗用)

pdfMC-アシストL

特徴

  • ウエットクリーニング・ランドリーにおいて、洗剤と一緒に 投入すると油性汚れの洗浄力を
    アップさせる効果があります。
  • 柑橘系溶剤配合。(リモネン50%、ノニオン乳化剤50%品です)
  • 色物にも使用できます。

使い方

<作業服・ワイシャツの場合>

水量に対して0.1%添加(水量10㍑に対し10cc添加)

<ウエット洗いの場合>
水量に対して0.05%添加してください。(水量10㍑に対して5 cc添加)

注意事項

  • 使用後は必ず密栓をしてください。
  • 火気厳禁です。

性状

概観 淡黄色液体
荷姿 4Lポリ容器 16kgタフテナー

成分

ノニオン系界面活性剤・リモネン

MC-バクタック-Lホワイト(水用、抗菌・防カビ剤)

mc-0118
MC-バクタック-Lホワイト(水用、抗菌・防カビ剤)
臭気抑制、衛生加工品の 抗菌・防臭防カビに優れた効果

特徴

  • 汗・ペット等の臭気抑制、白衣・シーツ・おむつ等の衛生加工、 リネン関係の床ずれや腐敗臭抑制等に効果を発揮します。
  • 広範囲に使用されている安全性の高い抗菌剤を使用。
  • グラム陽性菌・陰性菌・真菌に対して良好な抗菌スペクトルを有します。
  • 悪臭の原因となる黄色ブドウ球菌、尿素分解菌、大腸菌、 緑濃菌の繁殖を抑え、ニオイの発生を抑制します。
  • 黒カビ・赤カビ等カビにも効果があります。

使い方
標準使用量は水量に対して0.05%~0.1%です。

 

<スプレーで加工する場合>

バクタック-Lホワイトを水で100倍(1%)希釈して、1着あたり10ccほどスプレーして下さい。
(例:バクタック-Lを1ccを水で100cc希釈に希釈)

<つけ込みで加工する場合>

衣類等がすっかりつかる程度の水を準備し、その水量に対してバクタック-Lホワイトを0.1%投入し、 攪拌して下さい。衣類をつけ込み脱水を行った後、乾燥して下さい。
(例:水量10リットルに対し、バクタック-Lホワイトを10cc添加)

※使用量は規定の濃度を守って下さい。

注意事項

  • 使用後は必ず密栓をしてください。
  • 本品はイオン性がカチオンですので、アニオン性の洗剤・仕上・糊剤等とは混入しないで下さい。

性状

概観 無色透明液体
荷姿 4kgポリ容器、16kgタフテナー

成分

カチオン系抗菌剤・水

MC-ファイナルX(水用色どめ剤)

mc-0122-01

染料の色どめ剤(水用)

pdfMC-ファイナルX

特徴

  • 染料の色どめには特に有効です。 (直接染料・酸性染料に適す。)

使い方

1.【色が出る革を洗う場合】
水に対してMC−ファイナルXを 0.1%(水10Lに10cc)
MC−レザーファイン(0.1%) 、アクア・MC(0.2)を入れて洗浄。
その後、軽くすすぎ脱水、数分タンブラーで回し形を整えて自然乾燥。

2.【部分革の処理】
部分革の場合は、MC−ファイナルXを100倍に希釈した液に
革の部分をつけ込んだあとタオルでふきとり、乾燥したあと洗浄する。

3.色かけしたあと、100倍にうすめたMC−ファイナルXをスプレーするか
筆ぬりして乾かせば色おちしない。

4.色のよく出る繊維を色どめしたい時、0.1%のMC−ファイナルXで
つけこみ処理をすれば色おちしなくなる。

性状

概観
荷姿 2Lポリ容器

成分

水溶性金属塩・樹脂

MC-レザーファイン(革用洗浄及び仕上剤)

mc-0401-01
MC−レザーファイン
革用ソープおよび仕上剤。

特徴

  • 風合がソフトで仕上りが良い。
  • カシミヤ等の仕上剤としても使用できる。
  • ドライでも水洗いでも使用できる。

使い方

<ドライ法>

 新液10Lに対して、MC−レザーファイン10cc(0.1%)を加え、 その中に革を2〜3分つけ込み洗浄したのちドライ機のドラムに投入し絞り、 あとタンブラ乾燥を行う。 油汚れのひどい場合は革用前処理剤(ドライ用)を汚れの部分にぬってから洗浄して下さい。

※(注)色が出やすい場合は、洗えません。 チェック方法としてドライソープを10倍に希釈したものをタオルに しみこませチェックして下さい。

<水洗い法>

水10Lにアクア・MC(20cc)、MC−レザーファイン(10cc)を添加して下さい。(乳化する) そこへ革をつけ込み(2分程度)その後かるく濯ぎ、脱水しタンブラーで1分程度しわのばしを した後、 自然乾燥して下さい。乾燥後タンブラー(50℃)で2分程度回して下さい。 色が出そうなものはMC−ファイナル0.1%を添加して下さい。

性状

概観
荷姿 4Lポリ容器

成分

ラノリン・パラフィン・エステル油・乳化剤

MC-レザーファイン・フィニッシュ(革用仕上剤)

mc-0402-01

革用仕上剤 (ドライ専用)

pdfMC-レザーファイン・フィニッシュ

特徴

  • 風合がソフトで仕上りが良い。
  • カシミヤ等の仕上剤としても使用できる。
  • 色の出やすい革製品を洗う時に使用。

使い方

(ドライ法)

新液10Lに対して、MC−レザーファイン・フィニッシュ10cc(0.1%)を加え、 その中に革を2〜3分つけ込み洗浄したのちドライ機のドラムに投入し絞り、
あとタンブラ乾燥を行う。 油汚れのひどい場合は革用前処理剤(ドライ用)を汚れの部分にぬってから洗浄して下さい。

性状

概観
荷姿 4Lポリ容器

成分

ラノリン・パラフィン・エステル油

            
Scroll Up