ここでは、クリーニング屋さんに大変役立つ、便利なおすすめアイテムをご紹介します。

おすすめアイテム① 光沢復元・トリートメント効果

ドライクリーニング洗浄後の衣類が「何となく風合いが損なったり、ツヤが多少無くなった」って感じた事は、ありませんか?
これは、原因の1つに新品の衣類に付着されている仕上剤がドライ洗浄で流れた為に発生します。
このような衣類は洗浄後、「MC-エレガンSP」を付着すると新品同様に回復します。

「MC-エレガンSP」は、衣類の光沢を回復し、しっとり感と柔軟性を与え新品同様に回復します。
また、スレ直し等の修正にも使用できます。
カシミヤ等の高級仕上げ剤、トリートメント加工として単価アップ等のメニューやドライクリーニングにおける他店との差別化、基本的な品質向上に貢献します。

MC-エレガンSPについて詳しくはこちら

おすすめアイテム② 保管に安心、防虫加工

市販されている防虫剤は、ガス化するタイプのもので防虫剤から発生するガスが虫に対して殺虫又は忌避効果(虫が嫌がって近寄らなくなる)で防虫しています。
ガス化するタイプの防虫剤は、タンスなどを開放するとガスが逃げ出し防虫効果が薄れてしまいます。
現実、防虫剤を使用しているにも関わらず、虫食いが数多く発生しているのが現状です。

今までの防虫剤の弱点を解決した防虫加工剤がこちらです。
ガス化(気化)しない!ダントツの防虫効果!安全性が高い!イヤな臭いがしない!防ダニ抗菌効果!
うれしい低コスト!
色々な加工タイプが選べるのが特徴です。

防虫加工について詳しくはこちら

おすすめアイテム③ ドライ洗浄時のリント付着防止剤

春の衣類は、どちらかと言うと仕上げやすい衣類が多いですが・・・
しかし、仕上げで非常に生産効率に悪影響を与えるのは、毛玉やリントを取り除くことではないですか?
そんな、お悩みにお答えして、リント防止剤を開発しました。

リント防止剤は、石油系ドライクリーニング後の乾燥時に衣類に付着するリントを防止します。
全てのドライソープには、リント防止剤を配合しています
ドライソープを使用した場合は、リント防止剤を使用する必要はありません

使用方法は簡単でベースタンクに適量を添加するだけでリントを取り除く手間が省け、生産性の向上に貢献します。また、イオン性はノニオンですので、ソープの相性を問わず使用が可能です。

リント防止剤について詳しくはこちら

おすすめアイテム④ パリパリになる衣類の修正に

最近は、多少少なくなりましたが、ドライクリーニングで合皮等の硬化の事故!経験ありませんか?
少なくなったと言ってもこの事故修正の件で、多数の問い合わせがあります。
このような合皮の硬化事故の修正には、「パリパリ直し」を使用します
「パリパリ直し」は、人工皮革・合成皮革及びコート等のハリ合せの樹脂をドライで処理した場合に発生する硬化の事故品を元の風合いに戻すことのできる事故修正薬剤です。
クリーニング工場では、「持ってて良かった」「助かった!」と思う薬剤の一つです。

パリパリ直しについて詳しくはこちら  

おすすめアイテム⑤ 抗菌・防臭・防カビ加工剤

松井化学の抗菌・防臭・防カビ加工剤は、広範囲に使用されている安全性の高い抗菌剤を使用し、
グラム陽性菌・陰性菌、真菌に対して良好な抗菌スペクトルを有します。
また、悪臭の原因となる黄色ブドウ球菌、尿素分解菌、大腸菌、緑濃菌の繁殖を抑えにおいの発生やカビの発生を抑える防カビ効果もあります。
ドライソープ(MC-FTを除く)には、抗菌剤を配合しています。
ドライソープを使用している場合は、抗菌剤を添加する必要はありません。
(MC-FTには配合されていません)
白衣・シーツ・おむつ等の衛生加工や革製品などのカビが発生しやすい衣類の防カビ加工として、
付加価値メニューにも最適です。

抗菌・防臭・防カビ加工剤について詳しくはこちら  

おすすめアイテム⑥ よりこだわりたい方に

ドライクリーニング後に、「衣類によりもう少しシャリ感がほしい」と思った事はありませんか?
そんな衣類(背広、ズボン、ブラウスなど)におすすめなのが、ドライ用サイジング加工剤「MC-エクセル・シリーズ」です。
「MC-エクセル」は、サイジング加工で繊維にハリとコシを与え、立体感のある仕上げが可能です。
特に硬くハリを与える場合にはMC-エクセルハードN(ドライ用硬仕上剤)を使用します。

さらに色素回復効果により、繊維に光沢を与え、繊維に平滑性・防汚性を与えます。
背広・ズボン等の品質差別化、単価アップのメニューに最適です。

サイジング加工剤について詳しくはこちら