ドライクリーニングで合皮等の硬化の事故!経験ありませんか?

少なくなったと言ってもこの事故修正の件で、多数の問い合わせがあります。
このような合皮の硬化事故の修正には、「パリパリ直し」を使用します

パリパリ直しは、環境ホルモン物質を使用していません!

硬化した合皮等の修正には、可塑剤を使用しますが、松井化学の「パリパリ直し」には、ジオクチルフタレート(フタル酸ジオクチル)やジブチルフタレート(フタル酸ジブチル)などの環境ホルモン物質の疑いのあるフタル酸エステル類は、使用していません。

松井化学のパリパリ直しは、安全で!高性能!だからおすすめなんです。

パリパリ直し

人工皮革・合成皮革はり合わせに使用している樹脂をドライで処理した場合に発生する硬化の事故品を元の風合いに戻すことのできる事故修正薬剤

特 徴

●硬化してしまった合成皮革などを元の風合いに戻すことができます
●ジクオチルフタレート等の環境ホルモンの疑いのある物質は、使用しておりませんのでお客様の衣類にも安心です。

成 分 可塑剤/石油溶剤/ノニオン系界面活性剤
性 状 概 観  無色透明液体 イオン性 ノニオン
荷 姿  3kgポリ容器/12kg石油缶
価格 12㎏ ¥15,000(定価)/ 3㎏ ¥4,000(定価))

パリパリ直しのご購入はこちら

【使用方法】

● スプレー方法 パリパリ直しの原液スプレー(霧吹き等)で処理します。
① パリパリ直しの原液をスプレーに入れ、硬化部分全体に噴霧します。
② しばらく放置すると柔らかくなります。 ・ 急ぐ場合は40℃~50℃のボックスに入れてください
③ ベトツキなどがなければ、そのままで大丈夫です。軟らかくなりすぎたり、ベトツク場合は、中性洗剤で洗って下さい。

●スプレーしてもなかなか軟らかくならない場合は、浸け込みで修正します (ポリウレタンは浸け込み方に限ります)
① パリパリ直しの原液に衣類をつけ込む。 ・ 通常は常温でも問題ないですが、塩ビ、ナイロンの薄手素材は柔らかくなるのが遅いのでパリパリ直しの液温を湯せん(容器ごとお湯で温める)で40℃~45℃にすると早く直ります。
* パリパリになった衣類を割れないように、端から柔らかくしてつけ込み、全部つかるようになれば、全体を充分にもみほぐします。
* 石油溶剤を使用しているので、ゴム手袋を着用して下さい。
②やわらかさを確認した後、すぐに衣類を取り出しドライ機で手動脱液をします。
・ 残った液(パリパリ直し)は、ボトルに戻して再利用できます。
・ ドライ機で脱液した際、ベースタンクに少量の薬剤混入は問題ありません。 (パリパリ直しの成分は、仕上げ剤の一種)
③衣類に残った余分な薬剤を、中性洗剤で水洗いします。 余分な薬剤(パリパリ直し)を十分に洗い流します。
④すすぎ、脱水後、自然乾燥して終了。 処理が終わって部分的に硬いところがあれば、ハケでその部分に パリパリ直しを塗って下さい

[注意事項]
・使用後は密栓をして下さい。 ・ポリウレタンは、すぐに柔らかくなるので注意が必要です。
・パリパリ直しにつけ込み、放置すると銀面が剥離したり、内部もやわらかくなりすぎ脆くなります。
・浸け込む時間は、できるだけ短くして、元の柔らかさになったら、すぐに取り出して下さい。
・硬化によるヒビ割れは、柔らかくなっても修正できません。 ・ポリウレタンは浸けこみ方法に限ります。

パリパリ直しのご購入はこちら