【前処理剤 こじろうの特徴】

・強力な分散力・浸透力により油汚れ・水溶性汚れ、いずれにも効果を発揮します ・スプレーでの吹き付け
だから作業も簡単!
・溶剤中での分散が良く、輪ジミ等になりにくい
・石油、パーク、フロン225のいずれの溶剤でも可、ソープのイオン性を問わず使用できます

成 分

界面活性剤/水 性 状 無色透明液体
イオン性 ノニオン
価格 4ℓ:¥4,000(定価) 16㎏:¥14,000(定価)

こじろうのご購入はこちら

ドライクリーニング時の汗抜きとして使用する

前処理剤こじろうの含有水分は、30%。

ですから、ドライクリーニング時、ちょっとした脇などの汗汚れ部分に噴霧して洗えば、
汗汚れが取り除けます。
「ウェットすると色が出る」
「ウェットすると風合い変化や縮みが心配」
「後の仕上げが大変」
などのウェットするのにちょっと気が引ける場合は、こじろうを噴霧するだけでドライクリーニングでも汗汚れが除去できます。
*大量に付着した汗汚れは、ウェットクリーニングがおすすめです。

もっと水溶性の汚れを重視したい方は…

 


基本的にこじろうは、原液で使用しますが…

繊維や素材の見極めができる方で、より水溶性の汚れを取り除きたいとお考えの方は、こじろうを水で3倍に希釈すると、より水溶性の汚れが落ちやすくなります。 安全重視の方は、原液で使用 見極めができる方は、水で3倍まで水で薄めて使用してください。

*ただ樹脂溶解力が強いので前処理したあとすづに洗浄して下さい。

コストをもっと押さえたい方は…

マジックのシミも取れる!できるだけ、コストを抑えたいとお考えの方は… 石油で2~3倍で薄めるとコスト的に安く処理ができます。
(ドライ機が石油の方のみ)
石油で希釈すると、多少は洗浄力が弱まりますが、それでもよく落ちると石油で2~3倍に薄めて使用しているユーザーが多い
そうです。
ただし、希釈倍率は最大3倍までです。3倍以上薄めると分離してしまいます。

こじろうは、油性の汚れ落ちにも非常に有効です。
油性マジックのシミも溶解させるほどの効果があるそうです。
前処理剤こじろうで、マジックのシミが落ちた!と驚きの声が多数入って来ています。
※ラメ、顔料プリントには使用しないで下さい。

水洗いの衣類の前処理としても有効!

こじろうは、油性の汚れに有効で、溶剤でも水でもすすげるので、水洗いの衣類にも使用できます。
マジックのシミも落ちすくらい洗浄性が高いので、襟ぐりの皮脂汚れにも非常に有効なのが裏づけます。

水洗いでコストを抑えたい方は…

水洗い時に、コストを抑えたい方は…
こじろうを水で3倍に薄めて使用しているクリーニング会社さんが多いです。
水で3倍に薄めても、十分汚れは落ちます。
希釈しすぎると効果が期待できないので、お望みの洗浄力に合わせて希釈してください。

シミ抜き機はいらない…

こじろうがあれば、シミ抜き機は要らない!という方もいらっしゃいます。
黄変のシミ以外は、ほとんどこじろうだけで取れるとのこと。
また、黄変のシミは、新しい漂白方法で対応しているので、ほとんどのシミを除去できているそうです。
ですから、シミ抜き機がなくても問題ないとのこと。

こじろう (ドライ・ウェット用前処理剤)

・石油系、パーク系、フロン225のドライ用
前処理剤(水分30%)
・イオン性 ノニオン
・16kg ¥14,000(定価)
・特徴:輪ジミになりにくく油汚れ、水溶性汚れ
に効果を発揮、水洗いの前処理剤としても
使用できます
・使用方法:汚れの部分に原液でスプレー
します。(極端に染色が弱い衣類は不可)
・乾くと動いたシミがとれなくなり輪ジミになり
ます。又ラメ、顔料プリントひは使えません。

こじろうのご購入はこちら

クリーニング店では、洗浄前に前処理をして
洗っているクリーニング店が大多数です。
前処理の目的は、手軽に誰もが水溶性のシミや汚れ、ドライ洗浄で落ちない汚れなどを落ちやすくするために行っています。
しかし、現実は前処理をしても食べこぼしのシミや汚れは取り除けないと思っていませんか?
「前処理をしないより、やった方が多少マシ」ぐらいの感じで考えていませんか?
そのように感じているのなら、前処理剤選びをもう一度見直してみてはどうですか?

前処理剤 こじろうの秘密!

こじろうを使用しているクリーニング会社さんからは… 「90%のシミや汚れに効果的です!」 「シミ抜き機の出番が少なくなりました!」 「シミ抜き機の購入を考えていましたが、もう、必要なくなりました!」 などの驚きの声が届いています。
それもそのはず、こじろうは、シミ抜き台でのシミ抜きの性能で効率をトコトン追及したシミ抜き剤として生まれた前処理剤なのです。
つまり、前シミ抜きの品質とスピードの追求した結果、シミ抜き剤が前処理剤になったということで、そもそもコンセプトが他の前処理剤とは異なるわけです。
こじろうを使用するとクリーニング工場に入荷する約90%のシミや汚れに対応でき、シミ抜きが激減すると大好評で残りのシミは、一部特殊なシミと黄変のシミぐらいと大好評!

【こじろうの名前の由来】

そうです。有名な宮本武蔵のライバル、巌流・佐々木小次郎です. あるクリーニング店では、シミ抜き台で電磁ガンにゾールを入れ、ガンとスチームでシミ抜きをする方法を、「二刀流」と呼んでいました。
これは、非常にいいテクニックで、ガンとスチームの強弱を適切にコントロールすると、非常に効果的でよく落ちます。
その二刀(ガン&スチーム)を一つに簡略化できないか・・・と、スピードシミ抜きを追及して模索して作ったのがこじろうです。(発売から3回バージョンアップしています。)
佐々木小次郎の必殺技「ツバメ返し」は、空を飛ぶツバメを切り落とす剣のはやさ! シミ抜きはスピードでないといけないと考え、完成したのが「こじろう」です。

こじろうの性能

一般的に前処理剤に求められること整理すると…
①作業性が簡単なこと こじろうは、スプレーするだけなので超簡単!
②スピーディに処理できること こじろうは、基本的に誰でもすばやく処理ができます
③ドライ洗浄で落ちない水溶性のシミや汚れを取り除けること こじろうは、
水分率が30%含まれているので強力に水溶性の汚れなどを取り除きます。
④ドライ洗浄で落ちない油性のシミや汚れを取り除けること こじろうは、油性の汚れなども分散し、
強力に取り除きます
⑥ドライ溶剤ですすげやすく、輪ジミ・逆汚染が発生しにくい こじろうは、ドライ溶剤
(石油、パーク、フロン225)でも水でもすすげ、溶剤中での分散力が良いので輪ジミや逆汚染がなどが
発生しにくい。
⑦移染や脱色が起こりにくいこと こじろうは、通常の染色堅ろう度の衣類なら問題はありません。
⑧パーク・石油の両方のドライ溶剤に使用できること こじろうは、石油、パーク、フッ素225・365に使用
でき、ドライソープのイオン性も選びません。
⑨水洗いにも使用できること こじろうは、ウェット・ランドリーなどの水洗いにも対応でき、
多くのユーザーから大好評です

こじろうの使用方法

こじろうは基本的に原液を使用し、シミや汚れ部分に下記の方法で噴霧します。
電磁ガンや超音波などのタタキ効果を加えるとより効果的なのでおすすめです。
電磁ガンの使用 超音波の使用 スプレーの使用 基本的にウェット洗浄の場合でも基本的にドライ洗浄時
と同じ方法で処理をします。

【注意点】
*ラメ、顔料プリントには使用しないで下さい。
*水だけで脱色するような染色が弱い衣類には対応できません
*少しの水分だけで毛羽立ちが発生する衣類には使用しないでください
*電磁ガンや超音波の使用する機種によりこじろうが上手く出ない場合があります。その場合は、
石油又は水で少し希釈してください。

こじろうのご購入はこちら